選挙 バイト

選挙のバイトをやってみたい

選挙のバイト

数年に1回、大きな選挙がありますよね。

 

だいたい4年に1回の衆議院議員選挙、3年に1回の参議院議員選挙、都道府県や市区町村の知事や地方議員を含めると、全国いろいろなところで選挙が行われています。

 

これだけ大きなイベントだから、働いている人も多いはずです。選挙事務所で働く人、ウグイス嬢や選挙カーの運転、街頭演説の補助など、短期で働ける仕事があるとうれしいです。

 

収入も多いって聞きますし、一度は経験してみたい仕事だと思います。

 

選挙関係のバイトはどこで見つけるの?

選挙のバイトをみつける秘訣は、できるだけ多くの求人情報を見ることです。

 

選挙のバイトは人気が高くてすぐに定員が埋まってしまうため、募集期間がすごく短いです。

 

また、選挙の仕事は、職種によって働く時間や時給が全く違います。

 

なので、たくさんの求人情報を比較して、その中からいちばん良いバイトに応募します。

 

ネットなら、たくさんの求人情報を比べられる!

手っ取り早く、たくさんの求人情報を比較するなら、「求人情報サイト」を使うのがベストです。

 

求人情報サイトは、インターネット上でアルバイトの最新情報を検索することができます。

 

各選挙事務所や市区町村役場、求人情報誌をひとつずつ確かめなくても、まとめてチェックすることが可能です。どのアルバイトが良いかすぐにわかります。

 

求人情報サイトを利用するためのお金もいりません。無料です。

 

いちばん良い条件はどの仕事?登録したい求人情報サイト

僕が実際に選挙のバイトを見つけたサイトです。参考にしてください。

 

アルバイトEX

アルバイトEXは、全国のアルバイト求人サイト21社と提携しています。

 

求人情報も豊富で、選挙期間が近づくと、アルバイトをすぐに見つけることができますよ。仕事に応募して採用されるとお祝い金がもらえるキャンペーンも行っています。

 

空欄に「勤務地」と「選挙」のキーワードを入力して検索すると、アルバイトが表示されます。

 

お祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】

 

求人がないか聞いて回るのは大変ですよね。

各選挙事務所や市区町村の求人情報を1つずつ確認するのって大変ですよね。

 

選挙事務所の場所を探すのも時間がかかりますし、いつ募集しているかもわかりません。有料の求人情報誌を買うにはお金がかかります。

 

また、この作業を何度も繰り返さないといけません。もし、仕事がみつかっても、あとでもっと良い条件のアルバイトがあったら、最初の仕事を辞退することになります。断るのもつらいです。

 

選挙の求人募集がみつかるところ

選挙のアルバイトを探す場合は、ハローワークや市区町村の役所で見つかることがあります。

 

ハローワーク

職業安定所(略して、職安)です。就職先を探すために活用する人が多いです。アルバイトの募集も多いです。市議会議員などの地方の選挙活動でスタッフを募集することがありました。

 

市区町村の役所

投票所・開票所の受付や事務のスタッフを役所で募集することがあります。掲示板に求人募集が載っているかもしれません。選挙前に電話をかけると、仕事を見つけることができます。

 

僕が経験した選挙のアルバイト

少し前に選挙のバイトを経験しました。選挙調査の仕事です。そのときの仕事内容や日給はこんな感じでした。

 

選挙調査の仕事とは?

選挙調査の仕事と言えば、投票所での出口調査が有名です。

 

でも、僕のバイトは開票所で選挙結果を報告する仕事でした。テレビ番組の選挙特番で、候補者に「当確」を出すためのモトとなるデータを本部に送信する仕事です。

 

バイトの期間と拘束時間

バイトの期間は投票日のみの超短期バイトでした。拘束時間は、日曜日の夕方から開票作業が終わるまでの数時間です。

 

ただ、データ送信用の機械の受け取るときと返却するときの2回だけ、ある場所に集まりました。学生だけでなく、主婦や年配の方もいました。

 

バイトの日給はいくら?

日給は1万円〜2万円です。そして交通費がもらえます。日給+交通費は後日、銀行口座に振り込まれます。

 

この仕事は、開票所がある場所によって値段が違いました。都市部の開票所は日給が安く、地方の開票所は日給が高かったです。

 

行きたい開票所を自分で選ぶことができます。僕は日給が高い方がうれしいので、地方の開票所を選びました。

 

開票所での仕事内容

学校の体育館などに集まって、開票作業が行われます。選挙管理委員会の人、各政党の関係者、開票作業を行う職員、そして私たち報道機関の社員またはアルバイトです。

 

報道機関のブースにはそれぞれ席が用意されていて、テレビ局ごとに電話回線が2本ありました。1本は電話、もう1本は渡された機械に電話回線をつなげて、開票所の速報値を本部へ送信します。

 

今ならスマホやタブレットがあるので、もっとカンタンだと思います。

 

地方の開票所は距離は遠くても人口が少ないので、開票作業が都市部より早く終わります。

 

開票所に着いたとき、電車の終電に乗り遅れることを覚悟していました。でも、その日のうちに帰ることができました。

 

お祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】

 

当サイトのアルバイト対応地域はこちらです

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県